1つ前のページへ

今週のプロゴルファー紹介

プロゴルファーを週替わりでご紹介します。

稲森 佑貴(いなもり ゆうき)

2018年4月30日

稲森 佑貴

実家はゴルフ練習場、父は日本シニアオープン出場歴がある程の腕前で、幼い頃から自然とクラブを握った稲森佑貴(フリー)。

2011年のプロテストに挑戦し、史上最年少(当時)となる16歳11ヵ月で見事合格。さらに同年の日本プロゴルフ新人選手権大会では、最年少記録で優勝し、その名を広く知らしめることとなった。

2014年は、出場試合数わずか7試合で初のシード権を獲得。試合を重ねるごとに頭角を現し、2015年のブリヂストンオープンで2位タイ、2016年のHEIWA・PGM CHAMPIONSHIPで単独3位など、優勝に迫る活躍を見せた。

2017年日本ゴルフツアー開幕戦の東建ホームメイトカップで、3日目に7位タイに着け、優勝の可能性を残して最終日に臨んだが、惜しくも4位タイに終わる。

昨シーズンは優勝は逃したものの、7度のトップ10入りを果たし、賞金ランキングは自己最高の20位に。フェアウェイキープ率は、2015年から3年連続で1位に輝いている。2018年こそ、正確なドライバーショットを武器に、ツアー初優勝を目指す。

プロフィール

  • 2017年賞金ランキング:20位
  • 所属:フリー
  • 生年月日:1994年10月2日
  • 出身地: 鹿児島県(鹿児島県のご当地あれこれ検索
  • 年齢:24歳
  • 身長:169cm
  • 体重:68kg
  • 血液型:A型
最近の主な成績
  • 2017年
    国内
    • 東建ホームメイトカップ 4位
    • 関西オープンゴルフ選手権競技 8位
    • HONMA TOURWORLD CUP 6位
    • 日本オープンゴルフ選手権競技 7位
    • マイナビABCチャンピオンシップ 7位
    • カシオワールドオープン 8位
    • ゴルフ日本シリーズJTカップ 5位
    2018年
    国内
    • パナソニックオープン 10位

掲載内容は公開時(2018年4月30日)の情報となります。

ページの先頭へ