ホームゴルフニュース

松山英樹 暫定53位「非常に微妙なラウンドに」

[ 3月15日 14時40分 配信 ]

松山英樹(18年11月撮影)
松山英樹(18年11月撮影)

<米男子ゴルフツアー:プレーヤーズ選手権>◇15日◇第1日◇フロリダ州ポンテベドラビーチ・TPCソーグラス(7189ヤード、パー72)

日没サスペンデッドとなり1人がホールアウトできなった第1ラウンドで、松山英樹(27=LEXUS)は、4バーディー、3ボギーの71で回り、1アンダーの暫定53位につけている。

出だしの10番で11メートルのロングパットを決めバーディーと幸先の良いスタートを切ったが、12番で2・5メートル、14番は4メートルを、それぞれ外すなど1オーバーで折り返した。後半は一転、安定したプレー。午後から風が吹きスコアを伸ばすには厳しい条件だった中で、2つスコアを伸ばした。

「いいところもありながら、悪いところもって、非常に微妙なラウンドになりました。(10番は)今年ずっと入ってなかったところで入ってくれて気分的にすごく助かったのが大きかった」と話した。

小平智(29=Admiral)は、5バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの74で回り、2オーバーで暫定104位。タイガー・ウッズ(米国)は2アンダーで暫定35位。

トミー・フリートウッド(英国)、キーガン・ブラドリー(米国)が、7アンダーで暫定首位に立っている。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード