ホームゴルフニュース

田中珠蘭が西日本決勝大会進出「まあまあのゴルフ」

[ 3月10日 21時49分 配信 ]

15-18歳女子で首位通過した田中珠蘭
15-18歳女子で首位通過した田中珠蘭

<PGM世界ジュニアゴルフ選手権日本代表選抜大会 関西・東海予選>◇15-18歳女子◇10日◇三重・亀山GC西C(6152ヤード、パー72)◇主催・国際ジュニアゴルフ育成協会ほか◇後援・日刊スポーツ新聞社ほか◇特別協賛・パシフィックゴルフマネージメント

田中珠蘭(愛知・南山中2年)が「雨の中で耐えるのが苦しかったけど、まあまあのゴルフができました」と、3オーバー75で1位となり西日本決勝大会(3月30、31日、滋賀・滋賀GC)に進んだ。

雨がまだ弱かった前半はツキにも恵まれた。「8番(パー3)でティーショットが左に曲がったんですけど、土手に当たって跳ね返ってグリーンに乗った。6メートルぐらいのバーディーパットが入って、よしと思った」と振り返った。苦しい時には、好きな「三代目JSOULBROTHERS」や「EXILE」の歌を心の中で歌いながら「頑張ろうという気持ちになる」のだという。

去年も西日本決勝大会に行ったが、世界切符は取れなかった。「今日も小さいミスが重なってダブルボギーにしたので、そういう小さいミスを重ねないこと。ショットが安定してきたのでこの調子でいけば」と、世界ジュニア代表に意欲を見せた。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード