ホームゴルフニュース

比嘉真美子、故郷で開幕戦V 日本人では6年ぶり

[ 3月10日 14時39分 配信 ]

9番、パットを決めファンの声援に応える比嘉真美子(撮影・奥田泰也)
9番、パットを決めファンの声援に応える比嘉真美子(撮影・奥田泰也)

<女子ゴルフ:ダイキン・オーキッド・レディース>◇最終日◇10日◇沖縄・琉球GC(6514ヤード、パー72)◇賞金総額1億2000万円(優勝2160万円)

地元沖縄出身の比嘉真美子(25)が、初の開幕戦勝利となるツアー通算5勝目を挙げた。

前日まで2位と7打差をつける独走態勢だったが、2つのダブルボギーをたたくなど最終ラウンドで苦しんだ。一時は2位に2打差に迫られたが、17番パー4でこの日3つ目のバーディーを奪って逃げ切った。

3バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの76で、通算5アンダー。

開幕戦の優勝は、日本人では13年森田理香子以来6年ぶり。

初の賞金女王を目指す今季、故郷沖縄で最高のスタートを切った。

同2アンダーの2位にホステスプロの新垣比菜、エイミー・コガ、穴井詩。

比嘉と新垣は、沖縄勢のワンツーフィニッシュになった。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード