ホームゴルフニュース

松山英樹15位意地見せた 小平72位ファウラーV

[ 2月4日 9時7分 配信 ]

ティーショットを放つ松山(2018年11月14日撮影)
ティーショットを放つ松山(2018年11月14日撮影)

<米男子ゴルフツアー:フェニックスOP>〈最終日〉◇3日(日本時間4日)◇アリゾナ州TPCスコッツデール(7261ヤード、パー71)

26位から出た松山英樹(26=LEXUS)は、通算9アンダーで15位と意地をみせた。

前半はスコアを伸ばせなかったが、後半に入り10、11番で連続バーディーを奪うとボギーを挟んで13番でもバーディー。4バーディー、2ボギーで3日連続の69で回り、順位を上げた。

16、17年に連覇するなど相性の良い大会で期待されたが、2季ぶりの優勝は届かなかった。

小平智(Admiral)は2バーディー、6ボギーの75で回り3オーバーの72位。リッキー・ファウラー(米国)が通算17アンダーで優勝した。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード