森口祐子さんのご紹介
-ホームメイトゴルフ

森口祐子さんのご紹介【ホームメイト・ゴルフ】

森口祐子さんは高校卒業後にゴルフを始め、20歳でプロテストに合格しプロゴルファーとしての道を歩み始めます。23歳でツアー初優勝を果たし、1984年(昭和59年)に結婚。出産後の1985年(昭和60年)にツアーに復帰すると、年間5勝という快挙を達成します。1987年(昭和62年)には永久シード権を獲得するなど、出産後も変わらずパワフルなママさんプレーヤーとして活躍した森口祐子さんの軌跡をご紹介します。

ツアーとは、JGTO(日本ゴルフツアー機構)及びJLPGA(一般社団法人日本女子プロゴルフ協会)が認定した公認競技、ゴルフトーナメントのこと。プロのゴルファーは各地で開催されるトーナメントを巡回することにちなんで呼ばれています。

ホームメイト・ゴルフ 森口祐子プロ・阿河徹プロのゴルフレッスン
有名トッププロゴルファーの森口祐子氏と阿河徹氏による「ゴルフレッスン動画」をご覧頂けます。

森口祐子/
プロゴルフツアーの軌跡


1978年(23歳)

森口祐子さん

1975年(昭和50年)にプロテストに合格し、翌年ツアーデビューした森口祐子さんは、1978年(昭和53年)にツアー初優勝を飾ります。同年、ツアーデビュー2年目ながら年間4勝という素晴らしい成績を挙げました。

ワールドレディスゴルフトーナメント 優勝

森口祐子さんは、「ワールドレディスゴルフトーナメント」で初優勝します。このトーナメントは、日本、及び世界のトップ女子プロが競い合うゴルフトーナメントです。現在は「ワールドレディスチャンピオンシップ」に改称されています。

日本女子プロゴルフ選手権大会 優勝

1968年(昭和43年)に第1回大会が開催され、現在まで続く歴史ある女子プロゴルフトーナメントです。コニカミノルタの特別協賛で、日本国内の女子ゴルフトーナメントでは最高額の賞金となっています。

ミヤギテレビ杯女子オープンゴルフトーナメント 優勝

宮城テレビ主催の日本女子プロゴルフ協会公認の女子ゴルフトーナメントで、宮城県にて開催されています。1973年(昭和48年)に宮城テレビの開局3周年を記念して創設されました。

美津濃ゴルフトーナメント 優勝

1971年(昭和46年)に始まった「美津濃ゴルフトーナメント」は、当初男女同一会場で同時に開催されていました。1991年(平成3年)より男女を分けての開催となり、女子は現在「ミズノオープンレディーストーナメント」に改称されています。

1979年(24歳)

西海国立公園女子オープンゴルフトーナメント 優勝

森口祐子さんは、長崎県で開催された「西海国立公園女子オープンゴルフトーナメント」でこの年最初の勝利を掴みます。

パイオニアカップ 優勝

1973年(昭和48年)から2002年(平成14年)まで開催された女子プロゴルフトーナメントです。

1980年(25歳)

森口祐子さんはこの年、広島女子オープンゴルフトーナメントを始め、年間3勝を達成しました。

広島女子オープンゴルフトーナメント 優勝

1973年(昭和48年)から広島テレビ主催で開催された日本女子プロゴルフ協会公認のトーナメントです。1996年(平成8年)を最後に終了しました。

美津濃ゴルフトーナメント 優勝

1978年(昭和53年)に続き、2度目の勝利を掴みました。

いすゞレディースカップトーナメント 優勝

1977年(昭和52年)から1998年(平成10年)まで開催された女子ゴルフトーナメントです。

1981年(26歳)

ヤクルトミルミルレディーストーナメント 優勝

1980年(昭和55年)から1999年(平成11年)までヤクルト本社主催で開催されていた女子プロゴルフトーナメントです。

東北クイーンズ 優勝

1980年(昭和55年)から1989年(平成元年)まで秋田県で開催された女子ゴルフトーナメントです。

熊本中央レディスカップゴルフトーナメント 優勝

1980年(昭和55年)から1991年(平成3年)まで開催されていた女子ゴルフトーナメントです。

JUNON女子オープン 優勝

1978年(昭和53年)から1993年(平成5年)まで開催された女子ゴルフトーナメントで、1992年からは「KOSE・JUNON女子オープン」に改称されました。

美津濃ゴルフトーナメント 優勝

1978年(昭和53年)、1980年(昭和55年)に続いて3度目の優勝となりました。

JLPGAレディーボーデンカップ 優勝

日本女子プロゴルフ協会主催の大会で、メジャー大会のひとつ。2001年(平成13年)より株式会社リコーが協賛となり、LPGAツアーチャンピオンシップに改称されました。

1982年(27歳)

徳島月の宮レディスオープンゴルフトーナメント 優勝

「徳島月の宮レディスオープンゴルフトーナメント」は、1981年(昭和56年)から1994年(平成6年)まで開催された女子ゴルフトーナメントです。

JUNON女子オープン 優勝

1981年(昭和56年)に続き、森口祐子さんが2連覇を達成します。

東北クイーンズ 優勝

1981年(昭和56年)に続き、森口祐子さんが2連覇を果たします。

エリエール女子オープンゴルフトーナメント 優勝

1982年(昭和57年)に創設された大王製紙主催のゴルフトーナメントです。森口祐子さんはこの大会の初代優勝者となりました。

1983年(28歳)

東鳩レディスゴルフトーナメント 優勝

「東鳩レディスゴルフトーナメント」は株式会社東ハト主催で1982年(昭和57年)から1997年(平成9年)まで行われた女子ゴルフトーナメントです。

ヤクルトミルミルレディーストーナメント 優勝

森口祐子さんは、1981年(昭和56年)に続き二度目の優勝を飾ります。

三菱ファンタスレディスゴルフ 優勝

総合電気機器メーカーの三菱電機主催で行われた一般社団法人日本女子プロゴルフ協会公認の女子プロゴルフトーナメントです。

東北クイーンズ 優勝

森口祐子さんは1981年(昭和56年)から3年連続優勝という快挙を達成しました。

1985年(30歳)

森口祐子さん

森口祐子さんは1984年(昭和59年)に、同じ岐阜関CCに所属していたトップアマの医師・関谷均さんと結婚します。第一子出産後、産休を経て1985年(昭和60年)にツアーに復帰。産後にもかかわらず年間通算5勝を達成し、出産前と変わらぬ活躍を見せます。
森口祐子さんはのちに、『出産後はゴルフをやめるつもりでいたが、夫から「能力に恵まれ、それを活かす社会があるのなら、やるべきではないか」という励ましを受け、復帰を決めた』と語っています。そして、ご主人の理解・協力を得て、元祖ママさんプレーヤーとして着実に歩みを進めていくのです。

ミズノオープンゴルフトーナメント 優勝

出産後、最初の優勝はミズノオープンゴルフトーナメントでした。森口祐子さんは同大会4度目の優勝となります。

日本女子オープンゴルフ選手権競技 優勝

毎年秋に開催される日本女子プロゴルフメジャー大会のひとつです。1968年(昭和43年)に日本ゴルフ協会主催でスタートし、賞金額・観客動員数ともに国内でも有数のビッグゴルフイベントに発展。大会は共催であるNHKが総合テレビとBS1にて生中継しています。

いすゞレディースカップトーナメント 優勝

1980年(昭和55年)以来、2度目の優勝です。

ミヤギテレビ杯女子オープンゴルフトーナメント 優勝

1978年(昭和53年)以来、2度目の優勝です。

JLPGAレディーボーデンカップ

1981年(昭和56年)以来、2度目の優勝です。

1987年(32歳)

1986年(昭和61年)に第二子を出産し、二度目の産休を経て復帰した1987年(昭和62年)には、年間2勝を挙げた森口祐子さん。この年、通算30勝を達成し永久シード選手となりました。

マツダジャパンクラシック 優勝

1973年(昭和48年)に創設された日本の女子プロゴルフトーナメントです。日本で唯一開催される全米女子プロゴルフ協会の公式戦でもあり、アメリカでは生中継が行われます。日本では毎日放送を制作局とし、JNN系列全国28局ネットで放送されています。

JLPGAレディーボーデンカップ 優勝

1981年(昭和56年)、1985年(昭和60年)に続き3度目の優勝を飾ります。二度目のカムバックとなった今大会でも変わらぬ強さを披露しました。

1989年(34歳)

ヤマハカップレディスオープン 優勝

1985年(昭和60年)に創設され、毎年4月にヤマハ株式会社ヤマハ発動機株式会社の共催で行われる女子プロゴルフトーナメントです。1993年(平成5年)より開催が中断されていましたが、2008年(平成20年)に「ヤマハレディースオープン葛城」に改称し、16年ぶりに復活しました。

anクイーンズ 優勝

1977年(昭和52年)に「北陸クイーンズゴルフカップ」の名で創設され、1989年に「anクイーンズ」に改称し、1992年(平成4年)まで毎年開催されていました。

1990年(35歳)

日本女子オープンゴルフ選手権競技 優勝

森口祐子さんは、1985年(昭和60年)以来、2度目の優勝を果たします。

ミヤギテレビ杯女子オープンゴルフトーナメント 優勝

1978年(昭和53年)、1985年(昭和60年)に続き、3度目の優勝です。

1991年(36歳)

スカイコートレディスゴルフトーナメント 優勝

スカイコート株式会社が主催する女子ゴルフトーナメントです。1988年(昭和63年)に創設されました。

ヤクルトレディースゴルフトーナメント 優勝

森口祐子さんは、1981年(昭和56年)、1983年(昭和58年)に続き2度目の優勝を果たします。

宝インビテーショナル 優勝

「宝インビテーショナル」は1984年(昭和59年)に創設され、1999年(平成11年)まで続いた女子ゴルフトーナメントです。

1992年(37歳)

コニカカップワールドレディス 優勝

1978年(昭和53年)の優勝以来、14年ぶりに同大会で勝利を掴みます。

1993年(38歳)

スタンレーレディスプロゴルフトーナメント 優勝

1980年(昭和55年)にスタンレー電気株式会社主催で創設された女子プロゴルフトーナメントです。

1994年(39歳)

この年に年間2勝を挙げ、ツアー通算41勝を達成します。優勝した2大会はどちらも強豪揃いでしたが、森口祐子さんらしいプレーで見事勝利を掴んだのです。ママさんプレーヤーのパイオニアとして、素晴らしい記録を打ち立てました。

三越カップレディスオープン 優勝

1993年(平成5年)から1998年(平成10年)まで開催された女子ゴルフツアーです。

エス・シー・レディスプロゴルフトーナメント 優勝

創設以降、ツアー名は「スタンレーレディスプロゴルフトーナメント」でしたが、1994年(平成6年)と1995年(平成7年)のみ、「エス・シー・レディスプロゴルフトーナメント」という名称で開催されました。1996年(平成8年)から2002年(平成14年)まで中断していましたが、2003年(平成15年)から再開しています。

森口祐子の強み

森口祐子さん

森口祐子さんは当時、出産を経て復帰する女子プロゴルファーが少ないなかで出産後すぐにツアー復帰し、復帰後も優勝を重ねます。復帰後の通算優勝回数は18回を数え、ママさんゴルファーのパイオニアとなりました。森口祐子さんを目標にする女子プロゴルファーが増えるなど、現在の女子ゴルフ界にも大きな影響を与えたプロゴルファーの1人です。

その強さの裏には、夫で医師の関谷均さんの支援がありました。岐阜関カントリー倶楽部に所属し、トップアマでもある関谷均さんは、日本アマチュアゴルフ選手権競技で入賞するほどの実力者。関谷均さんが1995年(平成7年)に中日クラウンズに出場した際は、森口祐子さんがキャディを務めるなど家族として、パートナーとしてお互いを支え合ってきました。出産後はゴルフから離れるつもりでいた森口祐子さんですが、ご主人から励まされ復帰を決意します。森口祐子さんはのちのインタビューで、「子どもが幼いときは病気やケガが心配でしたが、夫は医師なので彼に任せておけば大丈夫という安心感がありました。」と語っています。

子育てとゴルフの両立に悩んだこともあった森口祐子さんを関谷均さんが精神的・時間的にサポートしたことで、ゴルファーとして強くあり続けることができたのでしょう。

森口祐子プロフィール

森口祐子

富山県富山市出身の1955年(昭和30年)生まれ。高校時代はバスケットボール部で活躍していたが、高校在学中に父の影響でゴルフを始める。20歳でプロテストに合格し、1978年(昭和53年)のワールドレディスゴルフトーナメントで初優勝。1984年(昭和59年)に長男を出産し、ツアーに復帰した1985年(昭和60年)に年間5勝を挙げる。1986年(昭和61年)には長女を出産し、1987年(昭和62年)に再びカムバック。復帰後も優勝を重ね、通算41勝を達成。JLPGAツアー永久シード保持者でもある。

  • ホームメイト
  • ホームメイトリサーチ
  • ホームメイト・ゴルフ
  • 稲見選手銀メダル獲得
    2020東京五輪ゴルフ女子で、日本代表:稲見萌寧選手が銀メダルを獲得しました。その内容をお伝えしております。
  • 東京五輪銀メダリストの稲見萌寧選手が通算16アンダーで逆転優勝を勝ち取り今季7勝目
    東京五輪銀メダリストの稲見萌寧選手が通算16アンダーで逆転優勝を勝ち取り今季7勝目(ツアー通算8勝目)を決めました。
  • 稲見選手今季8勝目
    2021年9月9~12日に開催された「日本女子プロ選手権」で、東京五輪銀メダリストの稲見萌寧選手がメジャー初優勝!
  • 稲見選手今季9勝目
    東京五輪銀メダリストの稲見萌寧選手が圧巻のゴルフ、2位に9打差をつける17アンダーで今季9勝目(ツアー通算10勝目)の優勝を飾りました。
  • 中京テレビ・ブリジストン レディスオープン
    2014年に開催された「第32回中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」の予選から決勝までの試合の様子を動画でご覧頂けます。
  • 中日クラウンズ大会動画
    第55回~57回の「中日クラウンズ」大会動画をYouTubeにてご覧頂けます。
  • 東建ホームメイトカップ
    東建コーポレーションが主催するJAPANゴルフツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」。大会動画をYouTubeにてご覧頂けます。
    開催地:東建多度カントリークラブ・名古屋三重県桑名市
  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツィートする
  • Google+でシェアする
  • (株)東通トラベル 東建ゴルフ予約センター
  • (株)東通トラベル ゴルフ友の会
  • 東通エィジェンシー
  • 東建グループ公式姉妹サイト

ホームメイト・ゴルフはゴルフに関する様々なコンテンツを発信するゴルフのポータルサイトです。こちらでは、女子プロゴルファーとして活躍されていた森口祐子さんをご紹介。その輝かしい活躍の軌跡を年表形式でまとめました。森口祐子さんは20歳でプロテストに合格、23歳でツアー初優勝を果たします。結婚・出産されたあとも、夫の関谷均さんのサポートもあり、躍進し続けました。そのため、「ママさんゴルファー」のパイオニア的存在として知られています。また、プレーだけでなく、解説も行うなど、多岐にわたって活動されている人物です。

ページの先頭へ