全英オープン

全英オープンThe Open Championship

プロ・アマを問わず栄光を手にできる、世界最古のゴルフトーナメント「全英オープン」。150年以上の歴史を持つ、非常に権威のあるメジャー選手権です。

150年の歴史を誇る世界最古のゴルフ大会

150年の歴史を誇る世界最古のゴルフ大会

ゴルフのメジャー選手権4大会のひとつである全英オープン(The Open Championship)は、1860年に第一回大会が開かれてから150年以上の伝統を築いてきた、世界最古のゴルフトーナメントです。

全米オープンよりも35年長い歴史を持っており、ボビー・ジョーンズやウォルター・へーゲンといった伝説的選手をはじめ、ジャック・ニクラスやアーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤー青木功のような近代の英雄、タイガー・ウッズフィル・ミケルソンなど現代の強豪が挑戦し、多くの物語を紡いできました。

優勝者には、1873年に初めて贈呈されたトロフィーであるクラレット・ジャグ(Claret Jug)のレプリカが贈られ、名前がオリジナルトロフィーに刻まれます。文字通り、その名がゴルフの歴史に刻印される訳です。

全英ゴルフ協会(R&A)が主催しており、アマチュア選手も参加できます。2019年度の第148回大会の優勝賞金は、193万5,000ドル(1ドル109円換算で約2億1,000万円)と発表されました。

草が伸びたラフや深いバンカー、攻略が難しい海沿いのコース

草が伸びたラフや深いバンカー、攻略が難しい海沿いのコース

全英オープンの開催コースは、スコットランドとイングランドにある8つの名門コースの中でローテーションで行なわれています。

いずれも海沿いのコースで、できるだけ自然を活かしたコース設計になっているため、膝のあたりまで草が伸びているラフ(フェスキュー)や底深いバンカー(ポットバンカー)、アンジュレーション(起伏)が大きいフェアウェイやグリーン、強い風潮など、元々の地形の状態がコースにそのまま活用されています。攻略するには、厳しい自然条件を考慮に入れて闘う体力や精神力、知恵が必要とされます。

とは言え、8つのコースの中でも難易度は一定ではないため、開催年度によってスコアの良し悪しが大きく変わってくるのもこの大会の特徴とも言えます。

歴代優勝者はレジェンドばかり。タイガー・ウッズは、3回優勝

歴代優勝者はレジェンドばかり。タイガー・ウッズは、3回優勝

第1回大会は、1860年、スコットランドのプレストウィックで行なわれました。参加選手は8名、12ホールを3ラウンド、36ホールのメダル・プレー(ストローク・プレー)。この全英オープンがゴルフ競技大会の原型になったと言えます。

優勝候補のトム・モリスに2打差を付け、スコア174で逃げ切ったウィリー・パークが大会初優勝を飾りました。当初は優勝賞金がなく名誉のみを懸けた大会でしたが、第5回から賞金が出るようになりました。

開催地は、1872年の12回大会までプレストウィックでした。73年にセント・アンドリュースで開かれてから他のコースも加わり、94年にはスコットランド以外の地域、イングランドのロイヤル・セント・ジョージも開催地に選ばれます。

1920年以降、全英ゴルフ協会(R&A)が大会運営を担い、現在はスコットランドとイングランドの8コースが定着しています。

最多優勝経験者は、6回のハリー・バードン。次いで5回がジェィムズ・ブレイドとピーター・トムソン、トム・ワトソン、4回がウィリー・パーク、トム・モリス親子、ウォルター・ヘーガン、ボビー・ロックとなっています。3回の優勝者には、「球聖」ボビー・ジョーンズや「帝王」ジャック・ニクラス、そしてタイガー・ウッズの名もあり、ゴルフ史に残るレジェンドたちが名を連ねています。

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツィートする
  • Google+でシェアする
  • (株)東通トラベル 東建ゴルフ予約センター
  • (株)東通トラベル ゴルフ友の会
  • 東通エィジェンシー
  • 東建グループ公式姉妹サイト

全英・全米オープンやマスターズなど、歴史あるゴルフ大会をピックアップしてご紹介!こちらのページでは、全英ゴルフ協会(R&A)が主催するメジャー選手権「全英オープン」をご紹介致します。メジャー選手権の中で最も古い歴史を誇る全英オープン。全米オープンよりもさらに35年早い、1860年に第1回大会が開催されています。各国の名だたる男子ゴルフ選手が出場する大会ですが、プロだけでなくアマチュアでも参加が可能。また1976年には女子プロ・アマ選手が集う「全英女子オープン」トーナメントが設立されました。人の手を加えない、自然のままのコースで争われる全英オープン。その厳しい自然条件に打ち勝った者だけが栄光を手にできる、非常に見応えのある大会です。

ページの先頭へ