東京五輪銀メダル
「稲見萌寧」選手
-ホームメイト・ゴルフ

Photo:Getty Images

東京五輪銀メダル「稲見萌寧」選手【ホームメイト・ゴルフ】

1998年(平成10年)度生まれの黄金世代に続いて2000年(平成12年)生まれのプラチナ世代が活躍し始めた頃、1999年(平成11年)度生まれは谷間世代や狭間世代と揶揄された。
だが2021年(令和3年)、その谷間からひときわ高い頂(いただき)に駆け上がり、黄金やプラチナの誰よりも輝いてみせたのが稲見萌寧(いなみもね)選手である。

稲見萌寧/
プロゴルフツアーの軌跡

プロテスト最下位合格から
世界トップクラスに駆け上がった4年間

合否を分けるプロテスト最終パットが勝負強さの原点2018年(プロ1年目)

トーナメントプレーヤーとティーチングプロ、2種類のプロ

ゴルフを始めて1ヵ月後にはプロになると決めていたそうだ。そして宣言通りに高校を卒業して初めて受験した2018年(平成30年)のプロテストで一発合格。しかしその門出は順風満帆かと言えば決してそうではなかった。

プロテストでは初日66で2位タイと好スタートを切ったものの最終日にスコアを落とし、合格するためにはバーディー以上しかないという状況で最終ホールを迎えてしまう。目の前の3メートルを入れれば合格、外せば不合格。
まさに天国と地獄の分かれ目で、これをねじ込み合格ラインに滑り込んだ。このときの苦しい経験は、のちに発揮される稲見萌寧選手の勝負強さの原点になっている。

プロデビューイヤーは3試合に出場して、11位、22位、棄権という成績だ。ラウンド数が少ないため数字を持ち出すのは意味がないかもしれないが、あえて言えばこの年の稲見萌寧選手のパーオン率は72.2222%。これは同年の年間ランキングの9位に相当する。プロテスト合格前からツアーで活躍していた原英莉花選手らプロ同期生と比べて目立つような活躍をしたわけではない。しかしショットメーカーとして、片鱗はすでに垣間見えていたのである。

QTランキング89人抜きからのツアー初優勝2019年(プロ2年目)

トーナメントプレーヤーとティーチングプロ、2種類のプロ

自然が相手のゴルフでは運に左右されることもままあり、また勝負事なので自分がいくら良いプレーをしても相手が上回ることもある。だが、それでも流れを自分の方へ引き寄せる力を持っているのが強い選手だ。稲見萌寧選手は、しばしばそれをやってのける。

2019年(令和元年)の出場権を争うサードQTで稲見萌寧選手は44位に終わり、ファイナルQTへ進むことができなかった。QTランキング(出場順位)103位で出場できる試合はない。残された道は、6月末のリランキング(獲得賞金による出場順位の見直し)までに推薦枠で出られる試合で賞金を積み上げ、7月以降の出場権を得る方法のみ。ただし、推薦枠で出場できるのは年間8試合までという決まりがある。いずれにせよ短期決戦だ。

結果、稲見萌寧選手がリランキングまでに出場できたのは7試合。そのうち賞金ゼロの予選落ちが3回あった代わりに一桁入賞も3回だ。合計1,000万円余りを稼ぎ出し、7月以降のQTランキングは89人抜きの14位まで繰り上がり、ほぼ全試合に出場できることになった。

こうなると勢いは止められない。リランキングから2試合目の「ニッポンハムレディスクラシック」で2位タイ、そして迎えた4試合目の「センチュリー21レディス」は2日目を終えて2打差の単独首位。最終日は前半スコアと順位を落としながら、プロテストのときと同じように土壇場最終ホールのバーディーパットで再逆転し、初優勝をもぎとった。

この年は稲見萌寧選手と同じプロ2年目でアマチュア時代はほぼ無名だった渋野日向子選手が「AIG全英女子オープン」で優勝し、国内でも4勝。シンデレラストーリーの主役として注目を一身に集めた。その陰に隠れてはいたが、稲見萌寧選手の物語もすでに幕を開けていたのだ。

2019年(令和元年)、稲見萌寧選手の最終成績を振り返ると獲得賞金7,187万3,338円でランキング13位、パーオン率は78.5185%で堂々の1位。女子ツアーでは部門別ランキングの表彰制度はないが、そのショット力も大いに評価され、年末のJLPGAアワードでは新人賞にも選ばれた。
ちなみに2019年(令和元年)シーズン終了時の世界ランキングは54位。東京五輪出場ランキングで日本勢4番目に付けたが、上位の3人からはまだ水を空けられていた。

少ないチャンスを見逃さない、接戦を制してツアー2勝目2020年(プロ3年目)

トーナメントプレーヤーとティーチングプロ、2種類のプロ

2勝目を期した3年目、2020年(令和2年)は思いもよらない困難が立ち塞がった。コロナ禍により多くの大会が中止となり、予定されていた37試合のうち開催されたのはわずか14試合にとどまったのだ。試合数が少ない分だけ優勝できるチャンスも少ない上、感染状況によって、いつ大会が中止になるかも分からない。一度勝機を逃せば次は巡ってこないかもしれない状況である。

稲見萌寧選手に勝機が訪れたのは10月に行われた「スタンレーレディス」だ。2日目が荒天で中止になるなど波乱含みの大会はペ・ソンウ選手、淺井咲希選手、稲見萌寧選手の3人によるプレーオフに突入。初優勝のあと、何回もチャンスを逃し、気持ち的に追い込まれていた稲見萌寧選手だったが、接戦になったことで持ち前の勝負強さが発揮された。

1ホール目、稲見萌寧選手はパー5の第3打をピン手前に付けると4メートルの軽いスライスラインを読み切ってバーディー。早々と勝負にケリを付け、ツアー通算2勝目を勝ち取った。「弱気なときもあるけれど、勝負どころでは何がなんでも入れなくてはという気持ちになれる」と土壇場での強さについて稲見萌寧選手は自己分析している。

東京五輪で銀メダル!
世界ランキング1位をあと一歩のところまで追い詰める2021年(プロ4年目)

Photo:Getty Images

メジャー初優勝
メジャー初優勝。大会新記録の19アンダーを打ち出した

そして周知の通り、2021年(令和3年)は完全に稲見萌寧選手の年になった。序盤の3月・4月で8戦4勝、勝率5割の猛ダッシュは男女両ツアーを通じて記憶にない。
さらに2020-2021シーズン6勝目を挙げた「中京テレビブリヂストンレディス」では、予選ラウンドでツアー最少タイ記録の61ストロークとツアー最多記録の13バーディーをマークするおまけ付き。
圧倒的な爆発力を見せ付けた。同時に世界ランキングは27位まで急上昇。渋野日向子選手や古江彩佳選手を押しのけて東京五輪日本代表に選ばれた。

東京五輪での大活躍はまだ記憶に新しい。ドライバーの飛距離差40~50ヤード、ときには70ヤードも置いていかれる海外勢と互角以上の戦いができたのはショットとパットの精度が理由だ。ティーショットのフェアウェイキープ率は、4日間通じて稲見萌寧選手が1位。これに得意のアイアンショットと好調のパターが噛み合い、4日間トータル16アンダーの好スコアで銀メダルを獲得した。東京五輪中のキャディも務めた奥嶋誠昭コーチは「技術は稲見が一番上手」だったと愛弟子を褒めている。

長く暑い4日間の戦いのクライマックスを少し振り返ってみよう。
最終日、トップのネリー・コルダ選手と5打差でスタートした稲見萌寧選手は9バーディーを奪う猛攻を見せ、17番でついにネリー・コルダ選手を捉える。しかし次の18番はユーティリティでねらった第2打がバンカーにつかまって寄らず入らずのボギー。その手につかみかけた金メダルを逃した。

そして、同じく6アンダーで追い上げたリディア・コ選手との銀メダルを懸けたプレーオフ。
先刻ボギーを打った同じ18番で行われたが、きっちりパーを取り1ホール目で決着を付けた。破れたとはいえ現世界ランク1位を最後まで追い詰め、プレーオフではしっかりと切り替えて元世界ランク1位を下した堂々たるプレー振りは「銀」という結果以上に評価されるべきだろう。

東京五輪後は、「日本女子プロ選手権」で自身初のメジャータイトルを獲得し、今シーズンの勝利数を8に伸ばした。残る目標は、もうひとつのビッグタイトル「日本女子オープン」と全盛期の不動裕理選手がマークした年間最多勝利10勝の更新。そして統合された2020-2021シーズンの賞金獲得ランキングとメルセデスランキングも現在1位。それらすべてをクリアできる可能性は非常に高い。

稲見萌寧選手本人はいまの女子ツアーについて「レベルが上がっていて毎週誰が勝ってもおかしくない」と評しているが、他の選手にしてみたら「稲見萌寧ちゃんが毎週勝ってもおかしくない」と言いたくなるほど、今の稲見萌寧選手は上手さと強さをかね備えている。

小学生でプロを目指し、現在は現役女子大生プロ

稲見萌寧選手は1999年(平成11年)7月29日生まれで東京都豊島区出身。印象派画家のクロード・モネとは関係なく世界に出たときに響きのいい名前ということで名付けられた。10歳のときに父親と一緒にゴルフを始め、その1ヵ月後にはプロを目指していたという。家族の全面的なサポートを受け、小学6年のときに練習環境の整った千葉県に引越し。現在もショートコースを併設する北谷津ゴルフガーデンを練習拠点にしている。

高校は練習時間を確保するため通信制の日本ウェルネス高校に進学。現在は系列の日本ウェルネス大学の4年生でゴルフ部に所属している。同大学には臼井麗香選手、吉田優利選手、男子プロの石坂友宏選手も在学中だ。

ジュニア時代の主な戦績

※下記の戦績票は、右から左へ横スクロールでご覧になれます

  
開催年 トーナメント名 成績
2011年(平成23年) 全国小学生ゴルフ大会 4位タイ
2012年(平成24年) 関東小学生ゴルフ選手権 優勝
2014年(平成26年) 関東中学校ゴルフ選手権春季大会 優勝
2014年(平成26年) 日本女子アマチュアゴルフ選手権 ベスト4
2015年(平成27年) 東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権 優勝
2015年(平成27年) 中京テレビ・ブリヂストンレディス 10位タイ@
2015年(平成27年) ゴルフ5レディス 11位タイ@
2016年(平成28年) トヨタジュニアワールドカップ 2位
2016年(平成28年) 三菱電機レディスゴルフトーナメント 8位タイ@

@はアマチュアとして出場

道具に妥協したくないからクラブ契約はフリー

ボール、キャディバッグ、グローブ、キャップはブリヂストンと契約し、使用球は打感がソフトでスピン性能に優れた「ツアーB XS」だ。ウェアとシューズはニューバランスを使用。クラブ契約はフリーだが、ウッドはオートマチックに打ちやすい物、得意のアイアンやウェッジは操作性の高い物を選んでいる。

稲見萌寧の使用ギア・セッティング

※下記の戦績票は、右から左へ横スクロールでご覧になれます

ドライバー マーベリックサブゼロ(キャロウェイ)
3W、5W スリクソンZX(ダンロップ)
4U、5U スリクソンZXハイブリッド(ダンロップ)
5I-9I/PW P・770アイアン(テーラーメイド)
AW、SW ボーケイデザインSM8(タイトリスト)
パター トラスTB1(テーラーメイド)
ボール ツアーB XS(ブリヂストン)

奥嶋誠昭コーチがキャディを兼任する理由

2018年(平成30年)のオフから奥嶋誠昭コーチに師事。奥嶋誠昭コーチはスイングのメカニズムに詳しく高橋彩華選手や木下稜介選手らも好成績に導いている。キャディは谷口徹選手やイ・ボミ選手のキャディも務めた清水重憲さんやフィジー出身のセナ・チャンドさんに依頼することもあるが、専属契約というわけではない。奥嶋誠昭コーチに練習ラウンドで指導を仰ぐ場合は、奥嶋コーチがそのまま試合のキャディを務める。これは新型コロナ感染予防の観点から専業コーチの帯同が認められなくなったためだ。東京五輪のときは稲見萌寧選手が奥嶋誠昭コーチをキャディに指名した。

※この記事は、2021年(令和3年)9月時点の情報に基づいて作成されています。

稲見萌寧プロフィール

Photo:Getty Images

稲見萌寧

1999年(平成11年)生まれ、東京都出身。
小学4年生からゴルフを始め、ジュニア時代も活躍。2018年、プロテストに合格した。翌年、20歳の誕生日前日に「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」でプロ初優勝。その後も数々のトーナメントを制し、2021年には誰もが知る「東京五輪銀メダリスト」に輝いた。
また、2021年、初の賞金女王戴冠となった。

  • ホームメイト
  • ホームメイトリサーチ
  • ホームメイト・ゴルフ
稲見選手銀メダル獲得
2020東京五輪ゴルフ女子で、日本代表:稲見萌寧選手が銀メダルを獲得しました。その内容をお伝えしております。
東京五輪銀メダリストの稲見萌寧選手が通算16アンダーで逆転優勝を勝ち取り今季7勝目
東京五輪銀メダリストの稲見萌寧選手が通算16アンダーで逆転優勝を勝ち取り今季7勝目(ツアー通算8勝目)を決めました。
稲見選手今季8勝目
2021年9月9日~12日に開催された「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 」で、東京五輪銀メダリストの稲見萌寧選手がメジャー初優勝!
稲見選手今季9勝目
東京五輪銀メダリストの稲見萌寧選手が圧巻のゴルフ、2位に9打差をつける17アンダーで今季9勝目(ツアー通算10勝目)の優勝を飾りました。
中京テレビ・ブリジストン レディスオープン
2014年に開催された「第32回中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」の予選から決勝までの試合の様子を動画でご覧頂けます。
  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツィートする
  • Google+でシェアする
  • (株)東通トラベル 東建ゴルフ予約センター
  • (株)東通トラベル ゴルフ友の会
  • 東通エィジェンシー
  • 東建グループ公式姉妹サイト

ページの先頭へ