1つ前のページへ

ゴルフ大会トピックス

「第57回中日クラウンズ」がいよいよ開幕!

「第57回中日クラウンズ」がいよいよ開幕!

男子プロゴルフツアー3戦目「中日クラウンズ」(主催:中部日本放送中日新聞社)が、名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース愛知県)を舞台に4月28日(木)~5月1日()まで開催される。

国内開幕戦・東建ホームメイトカップを制した昨年の賞金王・金庚泰や第2戦・パナソニックオープンを制した池田勇太をはじめ、新選手会長の宮里優作、三度目の優勝を目指す片山晋呉、地元愛知県出身で二度目の頂点を目指す近藤共弘らの出場が予定されている。過去に連覇を達成したのは、共に3連勝で青木功、尾崎将司の二人のみ。昨年の覇者I・Jジャンが連覇達成に名乗りを上げられるのか、偉業達成も見どころのひとつである。

なかでも注目は最大震度7を観測した熊本県益城町の出身で、開幕戦の東建ホームメイトカップで3位に入った永野竜太郎。パナソニック・オープン初日では、東建ホームメイトカップに続き自身初の2週連続首位発進。最終順位も9位タイという好調ぶりに期待が高まる。余震の続く故郷に伝統ある中日クラウンズ優勝の吉報を届けたいところだ。

さらにプロ通算85勝・5度賞金王に輝き今シーズンより日本ゴルフツアー機構の会長に就任した青木功も出場予定。出場すれば現職会長の国内男子ゴルフツアー出場は史上初で、故宮本留吉の73歳21日のゴルフツアー最年長出場記録が更新される。

また開幕戦から引続き、中日クラウンズでもゲスト解説として石川遼のテレビ出演が決定している。2010年の第51回大会において、世界主要ゴルフツアー最小ストローク記録「58」をマークして優勝した石川遼。和合コースの攻略法についてどのように解説するのか、東建ホームメイトカップでのテレビ解説が好評だっただけにこちらも注目だ。

なお、日本ゴルフツアー機構と選手会は熊本地震の発生を受け、開幕戦の東建ホームメイトカップから行なっている義援活動を中日クラウンズでも実施予定。祝日の金曜日を含む3日間(4月29日~5月1日)、選手がチャリティーサイン会を行ない、義援金を募る。

ページの先頭へ