1つ前のページへ

ゴルフトーナメントトピックス

JAPANゴルフツアー開幕戦プロアマ大会で小田龍一チームがV!

JAPANプロゴルフツアー開幕戦プロアマ大会で小田龍一チームがV!

春の訪れとともに開催されるJAPANプロゴルフツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」。 プロアマ大会に先立つ開幕セレモニーで披露されたのは地元多度大社に伝わる「納曽利(なそり)の舞」。伝統の舞と雅楽の調べに、選手はそれぞれが一層身を引き締めて健闘を誓った。

昨年のプロアマ大会は、猫の目のよう変わる天気に翻弄されたが、今年はスタート時から雨が降り続くあいにくの一日となった。途中で本降りにも見舞われたが、まるで雨など感じさせない程の熱戦が繰り広げられた。

出場プロがプレーの合間にギャラリーにサインをしたり、記念撮影に応じたりと、プレーは本番の試合とは違う和気あいあいとした雰囲気の中で進められたが、勝負に関しては全員が真剣。プロアマ問わず、日頃研鑽した腕前を思う存分に披露して、昨年を上回る大接戦が展開された。

ゲームは、女子ゴルフツアーで過去賞金女王にも輝いた藤井かすみプロが加わった高山忠洋チーム、女子ゴルフツアーのレジェンド森口祐子プロが加わった池田勇太チームが有利と予想されたが、接戦を制し、16アンダーの好スコアで優勝したのは小田龍一チームだった。今季2年ぶりの3勝目を目指す小田プロにとって弾みのつくプロアマ大会となった。

ページの先頭へ