1つ前のページへ

第55回 中日クラウンズ

JAPANゴルフツアー第3戦「中日クラウンズ」は、今年も愛知県「名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース」で開催され、熱い名勝負が繰り広げられました。

弊社は、「中日クラウンズ」に協賛(番組提供)しています。

中日クラウンズ2014大会動画 ユーチューブにて中日クラウンズのゴルフ動画を配信!
中日クラウンズ2014大会写真 大会ダイジェストを写真で配信!

中日クラウンズ2014/大会レポート

5月4日 中日クラウンズ2014/決勝ラウンド最終日

金亨成が逃げ切り今季初優勝!

中日クラウンズ2014優勝者の金亨成選手

JAPANゴルフツアー第3戦「中日クラウンズ」決勝最終日、単独首位からスタートした金亨成が3バーディー・1ボギーでスコアを2つ伸ばし、通算11アンダーで逃げ切り、今季初優勝を果たした。

今大会優勝の金亨成は、昨年賞金ランキングで2位。今回のタイトルで賞金2,400万円を獲得し、「国内ゴルフツアー賞金王」を狙いたいと、今後の目標を掲げた。

2位は通算7アンダーのI・J・ジャン。3打差の3位で逆転優勝を狙いスタートした石川遼は、最終日に驚異の「58」をマークした2010年大会の再来とはいかず、2つスコアを落とし、通算4アンダーの5位タイで競技を終えている。

中日クラウンズ2014の結果

順位 名前 スコア
優勝 金 亨成 -11
2位 I・J・ジャン -7
3位 今野 康晴 -6
4位 岩田 寛 -5
順位 名前 スコア
5位 B・ケネディ -4
小田 孔明
石川 遼
8位 李 京勲 -3

5月3日 中日クラウンズ2014/決勝ラウンド1日目

単独首位に金亨成、石川遼は3差3位で最終日へ

金亨成選手

伝統ある中日クラウンズの決勝1日目、強風の吹き荒れた名古屋ゴルフ倶楽部和合コースを、前日首位に並んだ金亨成が2バーディー・2ボギーの70で首位の座を守り、通算9アンダーで最終日今季初勝利に臨む。

後続は、3打差を追ってスタートした地元出身で中日クラウンズ2008年大会を制している近藤共弘が、4バーディー・3ボギーとひとつスコアを伸ばし、通算7アンダーで2位に浮上。3位タイに石川遼とI・J・ジャンが続く。

石川は、前半好調なパットでスコアをつくり、一時は首位に並び多くの観客を沸かせたものの、風が強まった午後に苦しみ4バーディー・4ボギーと耐えて通算6アンダー。最終日は最終組で2度目の大会制覇を目指す。

予選1日目・2日目首位で昨年優勝の松村道央は、4つスコアを落として首位から後退。谷口徹、今野康晴とともに通算5アンダーの5位で最終日を迎えることとなった。

中日クラウンズ 決勝1日目上位陣の結果

順位 名前 スコア
1位 金 亨成 -9
2位 近藤 共弘 -7
3位 石川 遼 -6
I・J・ジャン
順位 名前 スコア
5位 谷口 徹 -5
今野 康晴
松村 道央
8位 岩田 寛 -4

5月2日 中日クラウンズ2014/予選ラウンド2日目

松村道央と金亨成が首位!

松村道央選手

技術と精度が求められるコースに風が気まぐれに舞い、グリーン本来の硬さをを取り戻しつつある和合で、中日クラウンズの予選ラウンド2日目が行なわれた。

前日首位の松村道央は、出だしの1・2番ホールを連続バーディーで先行し、一時12アンダーで独走態勢を築いたものの、後半13番ホールから3ボギーを叩き失速。ひとつスコアを落とし、3つスコアを伸ばした金亨成と通算9アンダーで首位に並ぶ。

1打差の通算8アンダーには、中日クラウンズ2012年大会を制しているI・J・ジャン。

2年振りに中日クラウンズ参戦の石川遼は、3番ホールでバーディーが先行するも、続く4番ホールをボギー、5番ホールをバーディー、6番ホールをボギーと出入りの激しい内容ながら、最終18番ホールをバーディーで締めくくり、スコアを2つ伸ばし通算6アンダーで4位に浮上している。

近藤共弘と岩田寛も同じく通算6アンダーで、首位に3打差の好位置で決勝ラウンド進出を決めた。

143ストローク・3オーバーまでの61人が決勝ラウンドに進出。

先週の「つるやオープン」を制した藤田寛之は、2番ホールでバーディーを奪うものの、その後伸ばすことができず、通算6オーバーで予選落ち。池田勇太も通算8オーバーで決勝ラウンド進出を逃した。

中日クラウンズ 予選2日目上位陣の結果

順位 名前 スコア
1位 松村 道央 -9
金 亨成
3位 I・J・ジャン -8
4位 石川 遼 -6
近藤 共弘
岩田 寛
順位 名前 スコア
7位 趙 珉珪 -4
重永 亜斗夢
S・コンラン
谷口 徹
今野 康晴
崔 虎星

5月1日 中日クラウンズ2014/予選ラウンド1日目

大会連覇を狙う松村道央が首位発進!

松村道央選手

JAPANゴルフツアー第3戦「第55回中日クラウンズ」が、愛知県名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースで開幕。

大会二連覇を狙うディフェンディングチャンピオンの松村道央が、10バーディー・ノーボギーの「60」をマークし、単独首位に立つ好スタートを切った。

松村は、出だしの1番ホールでバーディーを決めると、その後3~5、9~11番ホールで二度の3連続バーディー。その後もバーディーを重ね、16番ホールではグリーン手前からチップイン。この日10個目のバーディーを奪っている。

4打差の2位タイには、中日クラウンズ2012年大会覇者のI・J・ジャンと金亨成、5打差の4位タイには、B・ケネディ、岩田寛が続いた。

二年ぶりに今大会参戦となる石川遼は、5バーディー・1ボギーの「66」でホールアウト。同組の近藤共弘と4アンダーで並び、6位タイの好位置で初日を終えている。

一昨年の賞金王で先週のつるやオープンゴルフを制した藤田寛之は、1オーバーの48位。明日からの巻き返しに期待したいところだ。

中日クラウンズ 予選1日目上位陣の結果

順位 名前 スコア
1位 松村 道央 -10
2位 I・J・ジャン -6
金 亨成
4位 B・ケネディ -5
岩田 寛
順位 名前 スコア
6位 石川 遼 -4
近藤 共弘
8位 谷口 徹 -3
宮里 優作
今野 康晴

ページの先頭へ