ホームゴルフニュース

石川遼2位「今の100%が出せた」初V重永を称賛

[ 4月16日 8時32分 配信 ]

18番、ピンに寄らず天を仰ぐ石川遼(撮影・上田博志)
18番、ピンに寄らず天を仰ぐ石川遼(撮影・上田博志)

<男子ゴルフ:東建ホームメイト杯>◇最終日◇15日◇東建多度CC名古屋(7081ヤード、パー71)◇賞金総額1億3000万円(優勝2600万円)

あと1歩及ばなかったが、石川遼(26=CASIO)は選手会長として、ゴルファーとしての開幕戦に「100点満点」をつけた。「会長としては申し訳ないけど100点。これ以上はできません。選手としても今の100%が出せた」と胸を張った。ピンフラッグや熊本地震復興祈願のピンバッジなど、選手会長としてアイデアを実現させた。選手としては、前半を単独首位で引っ張り、最後まで優勝争いを演じた。

この日はショットは乱れたが、パットでカバー。16番では8メートルのパットを沈めガッツポーズも飛び出した。悩んでいたスイングも「すっきりしたところがある」と手応えをつかんだ。重永に対しては「気迫の部分で僕が重永さんに負けていた。1打1打を打っていても、そこで負けたくないと戦っていた。それが最後の1打差になった」と、そのプレーをたたえていた。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード