ホームゴルフニュース

ルーカス・グラバー、DV受けて妻が逮捕「大丈夫」

[ 5月16日 12時31分 配信 ]

17年8月17日、ウィンダム選手権第1日 同組で回った石川遼と握手を交わすルーカス・グラバー(米国ノースカロライナ州グリーンズボロ・セッジフィールドCC)
17年8月17日、ウィンダム選手権第1日 同組で回った石川遼と握手を交わすルーカス・グラバー(米国ノースカロライナ州グリーンズボロ・セッジフィールドCC)

男子ゴルフで09年全米オープン優勝などツアー通算3勝を挙げているルーカス・グラバー(38=米国)のクリスタ夫人(36)が、グラバーへのドメスティックバイオレンスで逮捕された。

グラバーは前週プレーヤーズ選手権(フロリダ州)に出場。第3ラウンドで「78」をたたいて72位となり、最終日に進むことができなかった。現地メディアによれば、グラバーがコース近くに借りていた家に戻ると、クリスタ夫人がグラバーとグラバーの母に対して暴言を浴びせ、暴力をふるったという。逮捕されたクリスタ夫人は2500ドル(約27万5000円)を払って釈放されたとしている。

グラバーは自身のツイッターで「残念なことに妻が逮捕されたが、妻も母も大丈夫だ。家族で解決していくので、プライバシーを尊重してもらえればありがたい」とつづった。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード