ホームゴルフニュース

ウッズに復活気配1打差の2位、ケーシーが2勝目

[ 3月12日 11時45分 配信 ]

最終ラウンドを回るタイガー・ウッズ(AP)
最終ラウンドを回るタイガー・ウッズ(AP)

<米男子ゴルフ:バルスパー選手権>◇最終日◇11日(日本時間12日)◇フロリダ州パームハーバー、イニスブルック・リゾート(7340ヤード、パー71)◇賞金総額650万ドル(約7億4800万円)優勝賞金117万ドル(約1億3500万円)

13年8月以来のツアー通算80勝目を狙ったタイガー・ウッズ(米国)は2バーディー、1ボギーの70と伸ばしきれず、通算9アンダーの275で1打差の2位だった。

5打差11位から出たポール・ケーシー(英国)が7バーディー、1ボギーの65をマーク。通算10アンダーまで伸ばし、逆転で09年4月のヒューストン・オープン以来となるツアー通算2勝目を飾った。

ウッズと並ぶ2位にパトリック・リード(米国)、通算8アンダーの4位にはセルヒオ・ガルシア(スペイン)が入った。

復活の気配を漂わせたウッズは次週、松山英樹の復帰戦でもあるアーノルド・パーマー招待に出場。過去4連覇を含む8勝を挙げている得意の舞台で節目の勝利を目指す。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

注目ワード